銀行はここに注目している!審査で見られるポイントとは

住宅ローンなどローンを組んだり、キャッシングを申し込んだ場合、必ず審査というものが行われます。 なぜ、行われるのかというと、信用できるかどうかを見極めるためです。 銀行も慈善事業でお金を貸しているわけではないので、このようなことがあります。 さらに、借りすぎて自己破産しないように、年収に見合った額かどうかも一緒に確認するためにも行っているのです。 では、実際、どんな部分を厳しくチェックしているのでしょうか。 まず、最も重要視されるのは、身の丈に合っているかという事です。 年収300万円の人が1000万円貸してほしいなどと申し込んできたとしても、返済部分に問題があると判断されれば融資は実行されません。 また、年収に問題がないとしても、過去に同様の事故を起こしていないかなど、返済に関わる部分は細かくチェックされます。 次に、返済計画です。 返済計画がしっかりとしていない場合、銀行は損をする場合があるので返済がしっかり行われるかが見られることがあります。 キャッシングなどは、ありませんがローンを組む場合などに、提案されることもあります。 最後は、年齢です。 借り入れには、60歳までという制限を設けている会社も多いですが、大きなお金を借りる場合は、対象年齢内であっても断れることがあります。 これも返済に関わる部分です。 このように、銀行の審査は厳しく事細かに行われています。 しかし、金利は安く融資してもらえるのが特徴でもあります。 じぶん銀行でお金を借りるなどの場合でも、こういった関連情報を知っておくと便利です。
なお、銀行以外で借り入れしたい。そんな方は消費者金融からお金を借りる方法も一つの選択ですね。

不動産投資の種類とその内容について

ひとくちに不動産投資といっても、さまざまな形があります。 その内容ごとに得られるメリットや考えられるリスクも変わってきますので まずはその種類について把握することが重要になります。 まずは、現物資産として所有するのかファンドに投資するのかということでも区別ができます。 後者はREITといわれる不動産ファンドが有名ですが、これは テナントビル、倉庫、賃貸マンションなどをファンドが所有し この賃料収入から配当を出すものになるので、投資者は不動産を所有することはありません。 前者は、個人で現物資産として不動産を所有し、それを賃貸にまわすことで得られる賃料収入で資産運用を行うことです。 不動産投資、というとこのような形をイメージされる方が多いことと思います。 そして、現物資産の中でも様々な種類があります。 まずは、新築物件を所有するのか、中古物件を所有するのかというところで違いが出てきます。 新築物件であれば、購入金額もその分高額になりますが 長く所有することができますので、その分トータルで入ってくる家賃収入も 高くなるといったメリットがあります。 中古物件は、購入時の価格は安くなっていますし 立地条件のよい物件であれば家賃も下がらずに運用できますので 利回りもよくなるといったメリットがありますが、 築年数が経過している分、建物管理がどうなっているのか 占有部分の劣化状況はどうなのか、といったリスクもあるのは確かです。 また、どのような物件を所有するかによっても運用の違いがあります。 単身者むけのワンルームマンションを所有し、 賃貸需要の一番多い層を狙うのか。 それともファミリーむけの物件を所有し、 一度入居したら長く住んで頂けるような部権を選ぶのか。 ワンルームマンションは需要も多いですが、賃料収入はファミリーマンションには劣りますし、かといってファミリーマンションは賃貸の需要が多いわけではなく退去後の空室リスクを考える必要があります。 このように、不動産投資といってもいろいろな形があるので その内容ごとによいところ悪いところをしっかり把握するのが大切です。